施工管理の求人が多いのにはこんな原因も

施工管理は燃え尽き症候群になりやすいのです

おすすめリンク

LINK

施工管理の求人が多いのにはこんな原因も

燃え尽き症候群という言葉を知っていますか?

中学時代や高校時代に皆さんが行っていた部活動の大会や、文化祭・体育祭などのイベントごとを想像していただくとわかりやすいかとおもいますが、何かの目標に向かって期間限定で一心不乱に物事を行って、(上記の例でいえば、練習やおけいこですよね。)その成果を思い余すことなく発揮して、目標にぶつかったあと、それをやりきった達成感と疲労感から、そのあと何もやる気がなくなってしまう…というような状態の事を指します。

施工管理は求人が多いと言われています。

その理由の一つは、施工管理者の働き口、つまり工事現場が全国各地にあふれるほどあるということなのですが、もう一つは、なかなか長いスパンで働く人がいないということなんです。

この原因の一つが、燃え尽き症候群に似たようなところがあるのです。

施工管理者の仕事ははっきり言って、とても大変です。

工事現場で指揮を執りながら、施工図とにらめっこしてスケジュールの立て直しを繰り返し、施工主と職人の間に立って、質の高い仕事をする。

これを一つの現場でやり遂げたとしましょう。

まさに、さきほどお話したような達成感と疲労感を感じるでしょう。

これが原因で、短期間でやめてしまう人が多いのも事実です。

さぁ、施工管理の求人に応募しよう! Copyright (C) www.doubleyouess.com. All Rights Reserved.